スケボーウィールの選び方徹底解説!おすすめのブランドもご紹介!

スケボーウィールの選び方徹底解説!おすすめのブランドもご紹介!

スケボーの選び方

スケトボーのウィール選びは、かなり重要です。
初心者だと分かりにくいかもしれませんが、技をするようになるにつれて、スケーターのパフォーマンスを左右する重要な部品になってきます。
この記事では、初心者から上級者まで、どのようにして自分にぴったりのウィールを選ぶかを徹底解説します。
硬さからサイズ、形状からブランドまで、ウィールの選び方を説明し、あなたがスケボーをより楽しむための手助けができればと思います。

ウィールの重要性

スケボーに使用するタイヤのことを「ウィール(wheel)」と呼びます。
硬さやサイズ、形状など、ウィールの特徴を理解することで、スケボーの上達スピードや楽しさはグッと上がります。
スケボーにおいて大事なパーツなだけに、種類も多く、初心者の方は何を選べばいいか悩んでしまうという声も多いです...。
ぜひこの記事を参考にスケボーのウィールを選び、より楽しんでもらえればと思います!

スケボー ウィール wheel

ウィールの種類について

ハードウィール

一番オーソドックスなウィールです。
軽く硬度が高く、トリックがしやすいのが特徴で、一般的に99A以上の硬さのものをハードウィールとしています。
初心者の方はハードウィールを買っておけば問題ないです。
bibsのウィールも102Aと固めのウィールを採用しています。
デメリットとしては、硬いため滑走音や着地音が大きく、悪路ではかなりガタガタとします。

ソフトウィール

街乗りや滑りの気持ちよさを重視する方におすすめなウィールです。
重く硬度が低く、悪路でもスムーズに、かつ静かに走れるのが特徴で、一般的に78~80Aの硬さのものをソフトウィールとしています。
デメリットとしてはウィールが重いためトリックはしにくく、柔らかいためにスライド系のトリックは難しかったり等トリックの制限があります。

サイズの選び方

直径

ハードウィールは50~54mm、ソフトウィールは54~64mmが一般的です。
大きいほどスピードが出ますが操作性は低下します。
迷ったらとりあえず大きいものを買っておけばいいかと思います。
どうせ削れて小さくなるので...(笑)

幅が狭いウィールは軽量で回転トリックに向いており、幅が広いウィールは安定感があり、初心者に適しています。
とはいえ、初心者の方がハードウィールを買うときは幅の違いは気にしなくて大丈夫です。


重さ

先述している通りで、ハードウィールかソフトウィールかで大きく変わります。重いウィールは安定感とスピードが向上しますが、トリックがしにくくなります。軽量なウィールは操作性が高く、トリックに適しています。

ウィールのシェイプ

細かいシェイプの違いなどはありますが、それは追々知っていけばいいかと思います。
もし詳しく知りたい人はこちらの記事を閲覧ください!
≫【スケボー初心者必見】スケボーのウィール、シェイプの違い徹底解説!


おすすめのブランド

スピットファイア(SPITFIRE)

スピットファイア(Spitfire)は、高品質/高性能が特徴のスケボーウィールを製造している有名ブランドです。
この炎のアイコンを見たことある人も多いのではないでしょうか。
スピットファイアの製品の中でも特に有名なのが、高品質ウレタンの「FORMULA FOUR(フォーミュラフォー)」というモデルで、世界中のプロライダーからも支持されています。


スピットファイア ウィール 選び方 初心者


ボーンズウィール(Bones Wheels)

ボーンズウィール(Bones Wheels)は、Spitfire(スピットファイヤー)についで世界的に知名度の高い高いウィールブランドです。
最高品質のウレタンを使ったウィールが特徴で、こちらも多くのプロライダーから愛されています。

ボーンズ ウィール スケボー 初心者

 

エスエムブランクス(Bones Wheels)

エスエムブランクス(Bones Wheels)は、日本発のスケボーブランドで、値段が安く高品質なウィールが特徴です。
初心者で「とりあえず安く始めてみたい!」という方にはおすすめのブランドです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

スケートボードのウィール選び一つで、スケボーの上達スピードや楽しさは大きく変わってきます。
この記事を参考に、最適なウィールを見つけて、スケボーを最大限楽しんでもらえたら幸いです!
最後まで読んでいただきありがとうございました。
引き続きbibs-skateboardを御哀願の程よろしくお願いいたします!

ブログに戻る

あなたにおすすめの商品